2016/06/30

アンズ売り(かつぬま朝市 2016/7/3)





来る7/3日曜日のかつぬま朝市にて、急遽アンズ売りをすることになりました。

笛吹フルーツ公園の近くにあるアンズ農家さんに自分のジャム用を購入に行って、いろいろ話しているうちに、勢い余って自分が朝市で売ってきましょうかという事になりました。

この時期、朝市では桃やぶどう、野菜が主役で、紙もの並べてもなあと常々羨ましく思っていたので、 自分も果物戦線に参戦できることになり、俄然やる気が出て参りました。

加工用の完熟アンズです。

ポストカード、チーズマップなど紙もの商品も販売いたします。
ちょうどアンズを描いた上絵付けの絵皿もありましたので、これも持って行きます。(朝市に相応しい価格帯ではありませんが…。)

__________________
かつぬま朝市
2016年7月3日 sun. 朝9:00〜12時頃(8:30開場)
シャトレーゼ駐車場にて
かつぬま朝市公式サイト→こちら
___________________
勝沼ぶどう郷駅と会場を往復する「シャトル君」が好評運行中。
下記情報はかつぬま朝市サイトからの転載です。
■シャトル君情報
乗車チケット 400円
片道約10分

●勝沼ぶどう郷駅→会場北
9:05 9:25 9:45 10:10 10:40

●会場北→勝沼ぶどう郷駅
9:55 10:20

●会場→勝沼ぶどう郷駅
10:55(寄り道あり)11:30 11:50 12:20

※朝市会場10:55発は寄り道します。
※運転表の時間は道路事情等により遅れがでる場合がございます。
※定員(9名)乗車しだい発車いたします。
※集中による混雑により次の便までお待ちいただく場合がございます。


運行 株式会社タビゼン  山梨県知事登録旅行業 第2-282号


2016/06/17

かつぬま朝市(2016/7)






















今年の2月から月に1度のペースで金継を習いに行っていました。

欠けを少しずつ埋め、割れた破片を繋ぎ合わせ、表面を整え、漆を塗って、最後に銀粉で仕上げという、実に地道な作業の積み重ね。

漆も取り扱いに気を使い、場数を重ねていかないと習得できそうにありませんが、初めての体験としては、いくつかの食器を甦らせる事ができて、大満足。

銀のラインやワンポイントが入って、かえって素敵になったような気さえします。

今まで、割れた食器はすぐに捨てるようにしていましたが、何と勿体ない事をしてしまった事かと大後悔。

これからは、食器が割れても大丈夫…いや、割らないにこしたことは無いのですが。

6月は雨のために出店を取りやめましたが、7月も雨でなければ出店いたします。

暑さ対策が必須ですね。
 
__________________
かつぬま朝市
2016年7月3日 sun. 朝9:00〜12時頃(8:30開場)
シャトレーゼ駐車場にて
かつぬま朝市公式サイト→こちら
___________________
勝沼ぶどう郷駅と会場を往復する「シャトル君」が好評運行中。
下記情報はかつぬま朝市サイトからの転載です。
■シャトル君情報
乗車チケット 400円
片道約10分

●勝沼ぶどう郷駅→会場北
9:05 9:25 9:45 10:10 10:40

●会場北→勝沼ぶどう郷駅
9:55 10:20

●会場→勝沼ぶどう郷駅
10:55(寄り道あり)11:30 11:50 12:20

※朝市会場10:55発は寄り道します。
※運転表の時間は道路事情等により遅れがでる場合がございます。
※定員(9名)乗車しだい発車いたします。
※集中による混雑により次の便までお待ちいただく場合がございます。


運行 株式会社タビゼン  山梨県知事登録旅行業 第2-282号


2016/06/13

新ハチミツの糖度




















6月7日に採った蜜の濃度を測りました。
_______ 
濃い蜜 
①垂れ蜜 79度 
②手絞り 80度 

薄い蜜 
③垂れ蜜 78度 
④手絞り 78度 
_______  

全部で4種類に分けた蜜の全てが78度を越えていたので、瓶詰めして販売する事が可能であると判明しました。
78度以下では発酵する事があり、販売に適さないのですが、今回は大丈夫です。

濃厚な蜜とサラサラな蜜の違いも楽しんでいただけるのがまた嬉しい。

今回はラベルもしっかり作ってお届けしたい。
もうしばらくお待ちください。

 

2016/06/08

新ハチミツ






















仕事場の庭で冬を越し、その後も調子の良かったニホンミツバチの群に異変が出始めたのが5月中旬…巣板の成長が止り、蜂児も減った。
5月末には女王蜂不在の兆候が見え始め、6月に入るとそれが決定的になり、群の存続をあきらめて生き残りの蜂は他の群へ合同させることに。

昨日はようやくその作業をする事ができ、残された巣から採蜜。

ミツバチが春から集めた蜜と昨年から貯蔵していた蜜に分けて採蜜したので、濃度の高い昨年からの蜜は瓶詰めにして販売できそうな糖度がある。

作品展では試食のみで販売できませんでしたが、秋までお待たせせずにすみそうです。

今年集めたサラサラの蜜もフレッシュな美味しさがあるので、こちらも今だけの味としてお届けしたいなと考えています。

準備が出来次第お知らせいたします。


2016/06/06

上絵付けのワークショップ(2016/8/4)






















以前何度か展示会に出品しました、フランスチーズの絵地図のプレートを実際に描いていただくワークショップを企画致しました。

昨年、友人のお教室で実施させていただいた内容で、今年もご要望をいただいたのですがスケジュールが合わず、会場を変えての開催となります。

先日の展示会でお世話になったクレア ホーム&ガーデンさんにて、下記の要領で開催いたします

今回の絵地図ではフランス南東部サヴォワ、ラングドック ルション、リヨネ ドーフィネ、プロヴァンス、コルスの5つの地方のチーズを描きます。 

___________________________
■上絵付けのワークショップ■
(チーズmapプレート:フランス南東部)


2016/8/4 木曜日 

10:00〜16:00 (12〜13時昼休み)

クレア ホーム&ガーデン 

(東京都 日野市日野本町7-10-6)
クレア ホーム&ガーデン
Facebook→こちら



定員:5名様


参加費:10,000円+税(当日お支払い)

食器代、絵の具代込み

チーズランチがつきます。ランチを希望されない方、食べ物に苦手な物やアレルギーのある方はお申し込み時にご連絡ください。(ランチを希望されない方は1000円off)


■内容■

陶器のプレート(直径22cm)にあらかじめ線書きをした図案を彩色していただきます。

(上記の画像が完成作品です)
筆で彩色、マスキング液を使用する工程がありますので、上絵付けの経験者を対象とさせていただきます。

完成作品は約1週間後にお送りいたします。

ランチでは図案の中にあるチーズを実際に何点かご試食していただきます。



■持ち物■

スタビロ鉛筆
極細ボールペン(またはスタイラス)
マスキングテープ
パレットナイフ
マスキングリキッドとマスキングリキッド用の筆
カルロススポンジ、またはポンポン1個(パディング用)
ブラシクリーナー
調合油用筆(丸筆 数本 2,1,2/0号程度、平筆 6号程度 )
ペン軸(スクールペンが入る物)
ピンセット
ハサミ


*あれば便利な物
シュガーブラシ
アームレスト

_____________________  

お申し込み方法


御名前

御住所
お電話番号

上記を明記の上、件名を「上絵付けWS申し込み」として下記メールアドレスまたはファックス番号へお送りください。

y.fuku*r2.dion.ne.jp(*を@に差し替えてご入力ください)
phone+fax:0553-44-3624
お問い合わせ上記連絡先までお願い致します。


*キャンセル料は下記のとおりとなります。
1週間前〜前日までにされた場合: 25%
前日キャンセルされた場合 :半額
当日キャンセルされた場合 :全額
 

2016/06/05

朝市出店中止(2016/6)

かつぬま朝市には珍しく、朝から雨天となりました。

残念ながら、出店は取りやめます。

ご来店を予定されている方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。

朝市自体は開催されますので、どうぞご来場ください。

今後の出店予定は、追ってお知らせいたします。

良い日曜日を、